カテゴリー: 未分類

その他に相談ができる専門家について

その他の相続相談ができる専門家としては弁護士を挙げることができます。弁護士は主に民事や刑事で活躍する専門家です。民事では民間で起きた争い事を解決するために代理人として法廷に出廷し弁論します。刑事では被告人の代理人として裁判に挑むことになります。弁護士は確かに裁判所で弁論することもお仕事の一つですが、相続に関して困っている人のサポートをしてくれるところも多いです

遺言書の作成例えば弁護士に相続相談ができることとして挙げられるのが遺言書の作成です。遺言書の作成は基本的に被相続人が行います。遺言書は法的拘束力を持ちますが、適切に記載されていないものは法的拘束力を持たせることができないため弁護士に依頼をしてしっかりと遺言書の内容が相続に反映されるようにサポートを受ける人もいます。

弁護士ができることは遺言書作成の他にも相続人調査を挙げることができます。相続人調査は税理士や司法書士など様々な専門家が行うことができますが、弁護士もその中の1人です。相続人調査では相続できる人はどのぐらいいるのかを調査します。相続人が少ないご家庭は調査しなくても把握できますが、たくさんいるケースでは自分の力だけで法定相続人の把握が困難になるので、弁護士や税理士に依頼をして把握するためにサポートを受けます。


▼関連記事▼

  1. 相続税申告の相続相談相手について知ろう
  2. 相続税申告の相続相談ができる専門家は税理士

相続税申告の相続相談ができる専門家は税理士

相続税申告の相続相談ができる専門家は税理士になります。相続相談と聞いて税理士をイメージする人が多いように、税理士は相続に関する様々なことを代理で行ったり、相続相談に乗ってくれます

相続税相続税の申告を代わりにしてもらうことで相続人の負担などを少なくできます。相続税申告ができるので、同時に遺産の価値の算出も代わりにして行ってもらうことができます

遺産が全て現金という方は少なく、家や車は価値の算出が難しいので、法定相続人だけで算出することができないというケースもあります。そのような時に税理士を利用することで正しい遺産の価値の算出が可能です

相続税申告だけでなく税理士を利用することで相続税対策に関する相続相談も受け付けてくれます。相続税は相続する遺産の価値によっても変動しますが、できるだけ税金対策をして支払額を少なくしたいと考える人も少なくないでしょう。実際に相続税対策は生前に行うことになりますが、生前に対応してくれる税理士さんは多いので、相続税対策のために利用することも可能です。

実際に相続に関して税理士ができないこともありますが、他の専門家よりもできることが比較的多いので、相続税対策や申告を含めた相続相談をしたい人は税理士を選択しましょう。


▼関連記事▼

  1. 相続税申告の相続相談相手について知ろう
  2. その他に相談ができる専門家について

相続税申告の相続相談相手について知ろう

相続をする時は生きている間に一度は訪れるという人が多いでしょう。例えば、基本的に親御さんの方が年を召されているため親御さんが先にお亡くなりなるという方が一般的です。親御さんが亡くなると所有している財産を後継者に継承しなければなりません。もし親御さんが一軒家をお持ちの場合、その家も財産の一つになります。また、家だけでなく土地も遺産です。更に車を所有しているのであればそれも相続をすることになるでしょう。

相続相談相続する時は法定相続人がその遺産を受け継ぐことになります。法定相続人とは法的に相続する権利がある人です。例えばお子様や被相続人のご兄弟などです。頻繁に相続する場面に遭遇するケースは少ないため初めて相続をする方の中にはどのように相続をすればいいのか、必要な書類や税金についてあまり知識がないという方も少なくありません。もし知識が少なく適切な相続税を算出できなければ税務署から税務調査を受けることになります

日本には相続相談ができる専門家がいます。専門家に相続相談をすることで適切なアドバイスをしてくれるだけでなく、代わりに書類の提出や財産価値の算出などを行ってもらうことができるので、初めて相続をする人の中には相続相談をしたり、代理で専門家の方に手続きをしてもらう人は少なくありません。では実際に相続相談ができる専門家はどのような方なのでしょうか。今回は相続税申告などの相続相談ができる相手について紹介します。

 


▼関連記事▼

  1. 相続税申告の相続相談ができる専門家は税理士
  2. その他に相談ができる専門家について
Top