その他に相談ができる専門家について

その他の相続相談ができる専門家としては弁護士を挙げることができます。弁護士は主に民事や刑事で活躍する専門家です。民事では民間で起きた争い事を解決するために代理人として法廷に出廷し弁論します。刑事では被告人の代理人として裁判に挑むことになります。弁護士は確かに裁判所で弁論することもお仕事の一つですが、相続に関して困っている人のサポートをしてくれるところも多いです

遺言書の作成例えば弁護士に相続相談ができることとして挙げられるのが遺言書の作成です。遺言書の作成は基本的に被相続人が行います。遺言書は法的拘束力を持ちますが、適切に記載されていないものは法的拘束力を持たせることができないため弁護士に依頼をしてしっかりと遺言書の内容が相続に反映されるようにサポートを受ける人もいます。

弁護士ができることは遺言書作成の他にも相続人調査を挙げることができます。相続人調査は税理士や司法書士など様々な専門家が行うことができますが、弁護士もその中の1人です。相続人調査では相続できる人はどのぐらいいるのかを調査します。相続人が少ないご家庭は調査しなくても把握できますが、たくさんいるケースでは自分の力だけで法定相続人の把握が困難になるので、弁護士や税理士に依頼をして把握するためにサポートを受けます。


▼関連記事▼

  1. 相続税申告の相続相談相手について知ろう
  2. 相続税申告の相続相談ができる専門家は税理士
Top